家族葬とは

家族葬 蓮(れん)

家族葬とは

家族葬とは 画像

悲しい別れは突然訪れるものです。
大切なご家族が亡くなられて、悲しみの淵にいるときでも考えなくてはならない葬儀のこと。

スポンサードリンク

当然事前に準備ができるわけでもなく、そう何度も経験のあることではないので、残されたご家族がどうしたらよいか途方に暮れてしまう事も少なくありません。

葬儀の準備は急を要することですが、故人自身にとっても、ご遺族にとっても大切な儀式の一つです。戸惑う中で慌てて決めてしまうよりもしっかりと判断をした上で執り行われるべきです。

そこで、選択肢の一つとして、「家族葬」を検討されてはいかがでしょうか

家族葬は、近年で実際に行われた葬儀の約半数の方に選ばれている葬儀のスタイルで、家族葬を選ばれる方は急速に増えてきています。

では、いったい家族葬とはどういった葬儀のスタイルなのか、具体的にご紹介していきます。

家族葬とは

実は家族葬には、「これが家族葬」という決まりはありません。家族葬と普通の葬儀の違いですが、家族葬は参加するのがご家族や親しいご友人中心の少人数葬儀というのが特徴です。

そのため、規模の大小の違いのみで、執り行われる葬儀の内容は基本的に一般的なものと同じです。

ではなぜ家族葬が増えてきているのでしょうか。

○家族葬が選ばれる社会的な背景
家族葬が選ばれるようになった背景には、この日本の社会的な背景が大きく関わっているといえます。

大きな一つの要因は、「高齢化」です。

医療の革新的な発達で平均寿命が長くなり、4人に一人は高齢者と言われるほどに高齢化の進んでいる現状。昭和50年の時点で全死亡者の25%程だった80歳以上の死亡者が現在では60%まで増えています。

高齢になると行動範囲が狭くなり人付き合いも少なくなっていきますし、故人の子供も定年を迎えている場合も多いので、かつての職場の関係者に改めて声をかけることもありません。

そしてもう一つの要因は、「人付き合い・血縁関係の希薄化」です。

近年では、都市部になるにつれて地域との交流を持たない世帯が増えてきています。
仕事は多様化し、各個人の生活スタイルは様々で、出勤や帰宅の時間はバラバラで24時間買い物もできるため、戸数の多いマンションに住んでいても同じ階の人をあまり見たことがないということも多いのではないでしょうか。

近所の方に訃報を伝える必要がなくなって、葬儀の参列者は自然と少なくなっています。

また、核家族化の進行によって親戚が少なかったり、親戚付き合い自体も希薄になり、一家族が交流を持つ範囲が狭まっています。

こうした理由から、多くの人が家族葬を選んでいるのです。

○家族葬は負担が少ない
小規模な家族葬は他にも、喪主側の負担が軽減できるという点でも選ばれています。

葬儀にはお金と人手がかかり、多くの喪主は精神的にも肉体的にもかなり疲れてしまいます。ですが家族葬では参列者が少ないので、対応がしやすく気疲れすることもあまりありません。

そうすることで時間的余裕が生まれ、喪主自身もゆっくりと故人を偲ぶことができます。
故人の生前好きだった曲をBGMにするなど、より故人の遺志に沿ったお別れができるというのも選ばれる理由の一つです。

また、規模を小さくすることで費用が抑えられることもあります。
大規模な祭壇や参列者への香典返しや食事の用意などおもてなしの用意をする必要がないため低価格で葬儀を執り行うことができます。

家族葬を選ぶ方は年々増加しており、斎場や葬儀会社の方でもニーズに合わせて色々なプランを提供しています。

例えば斎場と火葬場を移動する際にはバスなどで移動費がかかりますが、斎場と火葬場を併設することでそのコストを抑えたり、通夜や告別式をせず火葬だけ行ったりするプランもあります。このような喪主側の負担を減らす葬儀スタイルは、近年ますます選ばれるようになってきています。

葬儀会社によっては見積では安くても後から色々と費用がかかることもありますので、気持ちよく故人を送り出すためにも、事前の確認や他の葬儀会社との比較はしっかり行ってください。

スポンサードリンク

家族葬について

家族葬とは

家族葬とは

悲しい別れは突然訪れるものです。大切なご家族が亡くなられて、悲しみの淵にいるときでも考えなくてはならない葬儀のこと。当然事前に準備ができるわけでもなく、そう何度も経験のあることではないので、残されたご家族がどうしたらよいか途方に暮れてしまう事も少なくありません。家族葬とはの詳細をもっと読む

家族葬の範囲

家族葬の範囲

家族葬をするにあたって、まず悩んでしまうのが「どこまでの親族を呼ぶか」ではないでしょうかr。故人の配偶者とご家族、ご両親、跡取りとなる子供の配偶者とご家族、故人のご兄弟、故人の配偶者のご両親。一般的にはこの範囲までが家族葬でお呼びする親族の範囲となりますが、故人の遺志や付き合いの深さによって、親しいご友人に参列していただいてもかまいません。家族葬の範囲の詳細をもっと読む

家族葬の注意点

家族葬の注意点

メリットが多く、沢山の方に選ばれている家族葬ですが、決まった形がないために様々なトラブルを引き起こしてしまうこともあります。そうならないために、家族葬の葬儀で気をつけておきたいポイントをしっかり抑えておきましょう。家族葬の注意点の詳細をもっと読む

家族葬の費用

家族葬の費用

大切なご家族との急なお別れで悲しみの淵にいるときでも、急いでしなければならないお葬式の準備。お葬式自体そう何度も参列することもなく、喪主家として葬儀を執り行うのもなかなか機会があるものではありませんし、何をどうすればよいか分からず困ってしまいます。近年では、喪主家の精神的、体力的な負担を軽減することができると、葬儀を執り行う約半数の方が家族葬を選んでいます。家族葬の費用の詳細をもっと読む

家族葬の流れ

家族葬の流れ

経済的な負担を抑えられる家族葬を選ぶ方が多くなっている今、各葬儀社や斎場が様々な家族葬のプランを提案しています。しかし間違った依頼の仕方をすると、後から思わぬ費用がかかってしまう場合があります。家族葬での費用を抑えるには、ご自身の希望に沿ったプランを提供している葬儀社を選ぶことがまず大切です。家族葬の流れの詳細をもっと読む

家族葬の香典

家族葬の香典

葬儀に参列するのはそう何度もあることではないので疎かになりがちですが、身内が多く集まって執り行われる家族葬はマナーを怠ってしまうと厳しく指摘されたり、その後の関係性に響いてしまう可能性もあります。近親者の多い家族葬だからこそ、しっかりと葬儀のマナーを知っておく必要があります。家族葬の香典の詳細をもっと読む

スポンサードリンク

人気記事

↑ PAGE TOP