お葬式費用の相場と違い

家族葬 蓮(れん)

お葬式費用の相場と違い(一般葬・直葬・家族葬)

お葬式費用の相場と違い(一般葬・直葬・家族葬) 画像

日本消費者協会の調査「第10回葬儀についてのアンケート調査(2014年)」によると、お寺へのお布施を除いた葬儀費用の平均額は約156万円です。ただしこれはあくまで平均であり、お葬式の規模によって費用の相場は大きく違います。一般葬・家族葬・直葬について、相場費用をまとめました。

スポンサードリンク

○一般葬の費用相場は160万円程度
一般葬とは、大人数が参列する昔ながらの葬儀のことです。親戚はもちろん、故人や喪主の会社関係、友人関係、近隣など、縁ある全ての人が参列します。大きな式場を借りなければならず、料理や返礼品もたくさん用意しなければならないので多額になる傾向があります。ただ、香典が多いため、収支を計算すると持ち出しは意外に少なくなるのが特徴です。

一般的なプラン料金と、相場といわれる料理や返礼品の金額を組み合わせて、一般葬として平均的な参列者100名の場合の金額シミュレーションをしてみましょう。

【参列者100名の場合】
葬儀一式費用:120万円(プラン料金)
通夜ぶるまい: 10万円(2000円×50人)
精進落とし : 9万円(3000円×30人)
香典返し  : 25万円(2500円×100人)
合計    :164万円

一般葬の相場は160万円程度とみてよいでしょう。100人から5000円ずつの香典があったとすると、50万円の実入りになります。実際の持ち出しは、110万円程度です。

○家族葬の費用相場は80万円強
家族葬とは、故人と縁が深い人たちだけで行うお葬式です。親族中心となりますが、特に親しかった友人などをまじえるケースもあります。20名から、多くても50名程度までの葬儀となります。多くの葬儀社が、60万円からのプランを家族葬用として打ち出しています。30名でシミュレーションしてみましょう。

【参列者30名の場合】
葬儀一式費用: 60万円(プラン料金)
通夜ぶるまい: 6万円(2000円×30人)
精進落とし : 9万円(3000円×30人)
香典返し  : 7万5千円(2500円×30人)
合計    : 82万5千円

家族葬の費用相場は80万円強とみていいでしょう。あくまで親族だけの葬儀として香典を受け取らない場合は、香典返しの必要はありません。

○直葬の費用相場は20万円程度
直葬とは、火葬のみで葬儀をしない送り方です。多くは親族数名だけで火葬場へ出向きます。葬儀ホールを借りたり、祭壇を作ったりしないため、費用はぐっと抑えられます。

簡素な送り方を望む人が選ぶため、香典のやり取りや料理でのもてなしなども省略する傾向にあります。よって、葬儀社の示すプラン料金がそのまま直葬にかかる料金と考えて構いません。棺や霊柩車などを含んだプラン料金の相場は、20万円程度です。

以上、お葬式費用の相場と違いについてご紹介しました。ほかに、宗派に合わせて宗教者への謝礼が必要なことに注意しましょう。最近では、無宗教を希望する人も増えています。

スポンサードリンク

初めてのお葬式・お役立ちコラム

身内が亡くなったら

身内が亡くなったらやること

大事な人を失ったときには、誰でも辛く、頭が真っ白になってしまうものです。しかし、やるべきことはたくさんあります。身内の臨終後、すぐに必要なことをシンプルにまとめました。身内が亡くなったらやることの詳細をもっと読む

葬儀に必要な書類

葬儀に必要な書類

亡くなったらまず発行されるものとして、死亡診断書または死体検案書があります。故人をどこかに移動させるときや市役所に死亡の届出をするときに必要な書類で、いずれかがなければ葬儀を滞りなく終えることができません。葬儀に必要な書類の詳細をもっと読む

お葬式費用の相場と違い

お葬式費用の相場と違い

日本消費者協会の調査「第10回葬儀についてのアンケート調査(2014年)」によると、お寺へのお布施を除いた葬儀費用の平均額は約156万円です。ただしこれはあくまで平均であり、お葬式の規模によって費用の相場は大きく違います。一般葬・家族葬・直葬について、相場費用をまとめました。お葬式費用の相場と違いの詳細をもっと読む

病院から危篤を告げられた

病院から危篤を告げられた

入院している本人が危篤状態になったと医師に告げられた時、あなたは冷静に対応することができますか?対応する術を知らないままだと、『最期に本人の会いたい人に合わせられなかった』、『本人の関係者への連絡が大幅に遅れた』といった残念な結果を招くことになります。病院から危篤を告げられたの詳細をもっと読む

お葬式の準備

お葬式の準備

通夜は、近親者が故人をそばで見守り夜を過ごす儀式です。 故人の冥福を祈るために、最期の別れを告げる大切な時間となります。そんな通夜ですが、具体的にどんな準備をすればいいか知らない人は多いのではないでしょうか。 知らなないまま遺族や親族がなくなってしまうと、準備するべきことが分からず戸惑ってしまうこともあるでしょう。お葬式の準備の詳細をもっと読む

死亡後の手続き

死亡後の手続き

近親者が亡くなった場合、通夜や葬儀の準備とともに、死亡に伴ういくつかの手続きも必要になります。 その多くは市区町村の役所で行うもので、中には7日以内といった期限付きのものもあります。 手続きが必要な種類を事前に知っておくことで、いざ自分が手続きをしなければならなくなった時に焦らず対応することができます。 死亡後の手続きの詳細をもっと読む

遺体の搬送・安置

遺体の搬送・安置

亡くなった本人の遺体を搬送・安置する上では、迅速な行動と冷静な判断力が必要になります。ただ、『搬送前には医師から死亡診断書をもらわなければならない』など、いくつか知っておくべきルールもあります。遺体の搬送・安置の詳細をもっと読む

葬儀と告別式の違い

葬儀と告別式の違い

葬儀と告別式は、故人が安らかに眠れるように行う大切な儀式です。それぞれの意味や違いをしっかりと理解した上で進めることは、最低限の『故人への礼儀』でもあるのです。 さて、ここでは、『葬儀』と『告別式』の違いについて分かりやすく解説します。葬儀と告別式の違いの詳細をもっと読む

葬儀プラン

家族葬

家族葬

通夜・告別式をご家族、親しい方で密葬で執り行うお葬式プランです。

一日葬

一日葬

最低限の葬儀・葬式。告別式から火葬までを1日で執り行うお葬式プランです。

火葬式

火葬式

葬儀費用を抑えたお通夜・告別式を行わず、火葬のみを執り行うお葬式プランです。

スポンサードリンク

人気記事

↑ PAGE TOP