遺体の搬送・安置のポイントと注意点

家族葬 蓮(れん)

遺体の搬送・安置について知りたい人へ

遺体の搬送・安置について知りたい人へ 画像

亡くなった本人の遺体を搬送・安置する上では、迅速な行動と冷静な判断力が必要になります。ただ、『搬送前には医師から死亡診断書をもらわなければならない』など、いくつか知っておくべきルールもあります。また「遺体は自宅に安置したい!」と考えている人も、住んでいる環境によってはそれが難しいこともあるのです。ここでは遺体の搬送と安置について、役立つ知識をご紹介します。

スポンサードリンク

遺体の搬送・安置で知っておくべき3つのポイント

1.搬送は『自家用車』か『寝台車』

病院で亡くなった遺体は、近親者が『自家用車』で運ぶか、葬儀社に連絡し『寝台車』で運んでもらうかのどちらかで搬送します。寝台車はお金がかかるので自家用車で運びたいと考えている人もいるでしょう。その場合は、冒頭で少し紹介した『死亡診断書』の携帯が義務づけられているので忘れないようにしてください。 寝台車を利用すれば確かに搬送料金がかかりますが、遺体を安全に搬送できるメリットを考えれば、決して大きなデメリットとは言えないでしょう。

2.遺体の搬送にかかる料金相場

遺体の搬送にかかる料金は運ぶ距離によって異なります。 たとえば、関東から運ぶ場合の、ある葬儀社の運賃は以下のようになっています。基本運賃とドライアイスや防水シーツ、高速道路料金などの料金は除きます。

  • ・20㎞まで 16,000円
  • ・30㎞まで 19,000円
  • ・40㎞まで 22,000円
  • ・50㎞まで 25,000円
  • ・100㎞まで 40,000円
  • ・1000㎞以降は10㎞毎に3000円増し

料金の計算方法は当然、葬儀会社によって異なります。たとえば、『0~40㎞は23,100円』、『40~80㎞は33,900円』、『80~120㎞44,700円』と距離ごとに一律の料金で設定している場合もあります。

3.安置する場所は『自宅』か『遺体安置所』

遺体を自宅で安置したいと考えている人は、以下の点がクリアできているか確認しておきましょう。

  • ・余裕を持って安置できるスペースはあるか
  • ・遺体を部屋まで運べるか(エレベーターがないなど)
  • ・近所に知られて迷惑にならないか

自宅での安置が難しい場合は、葬儀社や火葬場の遺体安置所に搬送することになります。基本的には有料ですが、葬儀社によっては搬送のオプションとして無料サービズを提供しているところもあります。

○葬儀社に依頼する場合の注意点

ほとんどの人は遺体の搬送を葬儀社に依頼することになると思います。 葬儀社の中には病院と提携しているところもあるのですが、まずは『搬送のみ』を依頼するようにしましょう。というのも、はじめに搬送だけを依頼する旨を伝えておかないと、気づかぬ間に、葬式すべてをその葬儀社に依頼することになってしまう可能性があるからです。 「病院と提携している葬儀社は良くない!」と言っているわけではありません。 ただ、家族や親族が亡くなった直後は、誰しも冷静な判断が難しいものです。葬式は故人の冥福を祈る大切な儀式ですので、よりサービスやホスピタリティが充実した葬儀社を選んだ上で、賢く利用することが重要です。

遺体の搬送・安置のポイントと注意点 まとめ

搬送や安置にも、知っておくべきポイントがいくつかあることをお分かりいただけたかと思います。ここで紹介したポイントを参考にして、事前に頭の中でシュミレーションをしておけば、いざ身近な人が亡くなってしまったときでも慌てることなく冷静に対応できるはずです。

スポンサードリンク

初めてのお葬式・お役立ちコラム

身内が亡くなったら

身内が亡くなったらやること

大事な人を失ったときには、誰でも辛く、頭が真っ白になってしまうものです。しかし、やるべきことはたくさんあります。身内の臨終後、すぐに必要なことをシンプルにまとめました。身内が亡くなったらやることの詳細をもっと読む

葬儀に必要な書類

葬儀に必要な書類

亡くなったらまず発行されるものとして、死亡診断書または死体検案書があります。故人をどこかに移動させるときや市役所に死亡の届出をするときに必要な書類で、いずれかがなければ葬儀を滞りなく終えることができません。葬儀に必要な書類の詳細をもっと読む

お葬式費用の相場と違い

お葬式費用の相場と違い

日本消費者協会の調査「第10回葬儀についてのアンケート調査(2014年)」によると、お寺へのお布施を除いた葬儀費用の平均額は約156万円です。ただしこれはあくまで平均であり、お葬式の規模によって費用の相場は大きく違います。一般葬・家族葬・直葬について、相場費用をまとめました。お葬式費用の相場と違いの詳細をもっと読む

病院から危篤を告げられた

病院から危篤を告げられた

入院している本人が危篤状態になったと医師に告げられた時、あなたは冷静に対応することができますか?対応する術を知らないままだと、『最期に本人の会いたい人に合わせられなかった』、『本人の関係者への連絡が大幅に遅れた』といった残念な結果を招くことになります。病院から危篤を告げられたの詳細をもっと読む

お葬式の準備

お葬式の準備

通夜は、近親者が故人をそばで見守り夜を過ごす儀式です。 故人の冥福を祈るために、最期の別れを告げる大切な時間となります。そんな通夜ですが、具体的にどんな準備をすればいいか知らない人は多いのではないでしょうか。 知らなないまま遺族や親族がなくなってしまうと、準備するべきことが分からず戸惑ってしまうこともあるでしょう。お葬式の準備の詳細をもっと読む

死亡後の手続き

死亡後の手続き

近親者が亡くなった場合、通夜や葬儀の準備とともに、死亡に伴ういくつかの手続きも必要になります。 その多くは市区町村の役所で行うもので、中には7日以内といった期限付きのものもあります。 手続きが必要な種類を事前に知っておくことで、いざ自分が手続きをしなければならなくなった時に焦らず対応することができます。 死亡後の手続きの詳細をもっと読む

遺体の搬送・安置

遺体の搬送・安置

亡くなった本人の遺体を搬送・安置する上では、迅速な行動と冷静な判断力が必要になります。ただ、『搬送前には医師から死亡診断書をもらわなければならない』など、いくつか知っておくべきルールもあります。遺体の搬送・安置の詳細をもっと読む

葬儀と告別式の違い

葬儀と告別式の違い

葬儀と告別式は、故人が安らかに眠れるように行う大切な儀式です。それぞれの意味や違いをしっかりと理解した上で進めることは、最低限の『故人への礼儀』でもあるのです。 さて、ここでは、『葬儀』と『告別式』の違いについて分かりやすく解説します。葬儀と告別式の違いの詳細をもっと読む

葬儀プラン

家族葬

家族葬

通夜・告別式をご家族、親しい方で密葬で執り行うお葬式プランです。

一日葬

一日葬

最低限の葬儀・葬式。告別式から火葬までを1日で執り行うお葬式プランです。

火葬式

火葬式

葬儀費用を抑えたお通夜・告別式を行わず、火葬のみを執り行うお葬式プランです。

スポンサードリンク

人気記事

↑ PAGE TOP