こんなにある死亡後の手続き!事前に知ってスムーズに済まそう

家族葬 蓮(れん)

死亡後の手続きは10種類以上!

死亡後の手続きは10種類以上! 画像

近親者が亡くなった場合、通夜や葬儀の準備とともに、死亡に伴ういくつかの手続きも必要になります。 その多くは市区町村の役所で行うもので、中には7日以内といった期限付きのものもあります。 手続きが必要な種類を事前に知っておくことで、いざ自分が手続きをしなければならなくなった時に焦らず対応することができます。 ややこしいと思われがちな『保険』や『年金』の手続きについても紹介するので、ぜひ参考にしてください。

スポンサードリンク

死亡後すぐに必要な手続き

1.死亡届

死亡届は、本人が死亡した日から7日以内に提出しなければなりません。自分で用意する必要はなく、入院先の医師からもらうことができます。医師の指示に従って必要事項を記入し、市区町村の窓口に手続きをします。葬儀社が代理で届け出をしてくれる場合もあるので、問い合わせてみましょう。 ちなにみ、海外にいる日本人が死亡した場合は、3か月以内に在外公館もしくは市区町村に提出する必要があります。

2.死体火葬・埋葬許可申請書

ただし、『死体火葬許可書』と『埋葬許可書』は厳密には別のものです。 それぞれの具体的な取得の手順としては、まず火葬許可申請書を提出すると、火葬許可書が交付されます。その火葬許可書を火葬場に提出すれば埋葬許可の承認をもらうことができ、埋葬許可書が取得できるという流れです。 死亡届と同時に行う手続きなので期限は7日以内です。 手続きする場所(手続先)も、死亡届と同じです。

3.住民票の変更と世帯主の抹消届

どちらも14日以内に提出が必要な手続きです。ただし、基本的に住民票に関しては死亡届を提出すれば同時に抹消されます。 重要なのは世帯主の抹消届です。手続きをする必要があるケースと不要なケースがあります。

・必要なケース…1つの世帯に15歳以上の人物が2人以上いる場合

・不要なケース…15歳以上が2人未満の場合(例:母1人で15歳未満の子どもが2人など)

世帯主に該当する人が1人しかいない場合はその人が自動的に世帯主になります。 自分がどちらに当てはまる可能性があるかを、あらかじめチェックしておきましょう。

保険関係の手続き

14日以内に国民健康保険証を返却する必要があります。返却しないからと言って罰則があるわけではありませんが、できるだけ早く返すのが常識です。また75歳以上の方と65~74歳で一定の障害がある方も、後期高齢者医療被保険者証を返却する必要があります。 資格喪失は死亡届により自動的に行われます。

年金関係の手続き

年金受給権者死亡届を市区町村の窓口、もしくは社会保険事務所に提出する必要があります。ただし日本年金機構にマイナンバーが収録されている場合は、この手続きを省略できます。詳しくは、以下の日本年金機構の公式サイトをご覧ください。また、故人がまだ受け取っていない分の年金がある場合は『未支給年金』として、生計を同じくしていた遺族がその分を受け取ることができます。未支給年金は14日以内に手続きが必要です。提出が遅れて年金を多く受け取り過ぎることになると、あとでその分を返さなければならない場合があるので速やかに提出しましょう。

まとめ

ここで紹介した手続き以外にも、会社勤めの人は死亡退職届する必要があったり、支払った医療費が10万円以上を超える場合は医療費控除の申請ができたり、といった種類もあります。必要になり得る手続きを一覧にリストアップするなどしてから、期限付きのものから優先順位をつけ、1つ1つ確実に処理していきましょう。

スポンサードリンク

初めてのお葬式・お役立ちコラム

身内が亡くなったら

身内が亡くなったらやること

大事な人を失ったときには、誰でも辛く、頭が真っ白になってしまうものです。しかし、やるべきことはたくさんあります。身内の臨終後、すぐに必要なことをシンプルにまとめました。身内が亡くなったらやることの詳細をもっと読む

葬儀に必要な書類

葬儀に必要な書類

亡くなったらまず発行されるものとして、死亡診断書または死体検案書があります。故人をどこかに移動させるときや市役所に死亡の届出をするときに必要な書類で、いずれかがなければ葬儀を滞りなく終えることができません。葬儀に必要な書類の詳細をもっと読む

お葬式費用の相場と違い

お葬式費用の相場と違い

日本消費者協会の調査「第10回葬儀についてのアンケート調査(2014年)」によると、お寺へのお布施を除いた葬儀費用の平均額は約156万円です。ただしこれはあくまで平均であり、お葬式の規模によって費用の相場は大きく違います。一般葬・家族葬・直葬について、相場費用をまとめました。お葬式費用の相場と違いの詳細をもっと読む

病院から危篤を告げられた

病院から危篤を告げられた

入院している本人が危篤状態になったと医師に告げられた時、あなたは冷静に対応することができますか?対応する術を知らないままだと、『最期に本人の会いたい人に合わせられなかった』、『本人の関係者への連絡が大幅に遅れた』といった残念な結果を招くことになります。病院から危篤を告げられたの詳細をもっと読む

お葬式の準備

お葬式の準備

通夜は、近親者が故人をそばで見守り夜を過ごす儀式です。 故人の冥福を祈るために、最期の別れを告げる大切な時間となります。そんな通夜ですが、具体的にどんな準備をすればいいか知らない人は多いのではないでしょうか。 知らなないまま遺族や親族がなくなってしまうと、準備するべきことが分からず戸惑ってしまうこともあるでしょう。お葬式の準備の詳細をもっと読む

死亡後の手続き

死亡後の手続き

近親者が亡くなった場合、通夜や葬儀の準備とともに、死亡に伴ういくつかの手続きも必要になります。 その多くは市区町村の役所で行うもので、中には7日以内といった期限付きのものもあります。 手続きが必要な種類を事前に知っておくことで、いざ自分が手続きをしなければならなくなった時に焦らず対応することができます。 死亡後の手続きの詳細をもっと読む

遺体の搬送・安置

遺体の搬送・安置

亡くなった本人の遺体を搬送・安置する上では、迅速な行動と冷静な判断力が必要になります。ただ、『搬送前には医師から死亡診断書をもらわなければならない』など、いくつか知っておくべきルールもあります。遺体の搬送・安置の詳細をもっと読む

葬儀と告別式の違い

葬儀と告別式の違い

葬儀と告別式は、故人が安らかに眠れるように行う大切な儀式です。それぞれの意味や違いをしっかりと理解した上で進めることは、最低限の『故人への礼儀』でもあるのです。 さて、ここでは、『葬儀』と『告別式』の違いについて分かりやすく解説します。葬儀と告別式の違いの詳細をもっと読む

葬儀プラン

家族葬

家族葬

通夜・告別式をご家族、親しい方で密葬で執り行うお葬式プランです。

一日葬

一日葬

最低限の葬儀・葬式。告別式から火葬までを1日で執り行うお葬式プランです。

火葬式

火葬式

葬儀費用を抑えたお通夜・告別式を行わず、火葬のみを執り行うお葬式プランです。

スポンサードリンク

人気記事

↑ PAGE TOP