葬儀に必要な書類

家族葬 蓮(れん)

葬儀に必要な書類(役所の届け出)

葬儀に必要な書類(役所の届け出) 画像

葬儀のときには、さまざまな必要書類が発生します。日ごろ目にしないものばかりなので、扱いに戸惑う人が多いものです。詳しく説明しましょう。

スポンサードリンク

○死亡診断書または死体検案書
亡くなったらまず発行されるものとして、死亡診断書または死体検案書があります。故人をどこかに移動させるときや市役所に死亡の届出をするときに必要な書類で、いずれかがなければ葬儀を滞りなく終えることができません。

死亡診断書は、病院などで療養中に亡くなった際に、病院側から発行されるものです。臨終後すぐに発行され、多くは入院費用と一緒に精算となります。

死体検案書は、事故などで突然亡くなったり、自宅で突然死したりした際に、遺体を検案した医師から発行されるものです。検案が終わり次第、手渡されます。

いずれも書式は同一で、死因と医師の署名が記されます。医師側から発行されるのが主なので、喪主の側が書類を用意する必要はありません。

○死亡届
多くの場合、死亡診断書(死体検案書)はA3の用紙です。右側が死亡診断書(死体検案書)、左側が死亡届となっています。この死亡届に身内が必要事項を記入し、市区町村役場へ提出することで死亡の行政手続きとなります。死亡届は、死亡の事実を知った日から7日以内に届けなければなりません。

死亡届には、故人の氏名や生年月日のほかに本籍を書き込む欄があります。引っ越しを繰り返しているような場合は注意しましょう。わからなければ、市区町村役場に持参した際に調べてもらえます。

多くの葬儀社が死亡届の提出を代行してくれます。提出と同時に死亡届のコピーを依頼しておくと、のちに保険の手続きなどで使えて便利です。

○火葬許可証
死亡届を提出すると、引き換えに火葬許可証が発行されます。この火葬許可証がなければ、火葬ができません。火葬時に、忘れず斎場へ持参するよう注意しましょう。

火葬許可証には、とくに記入すべきところはありません。封筒に入れて渡されるので、そのまま火葬場や斎場の職員へ手渡しするだけで結構です。

○埋葬許可証
火葬許可証は2枚つづりです。一枚が火葬許可証で、もう一枚は埋葬許可証となっており、火葬が終われば埋葬許可証だけが手元に戻ってきます。埋葬許可証は、納骨時に墓地の管理者へ提出すべき書類です。

埋葬許可証を提出すべき墓地の管理者は、寺院墓地の場合は住職であり、霊園であれば管理事務所です。忘れないよう、骨箱へ入れておきましょう。

以上が、葬儀の際に発生する必要書類です。いずれも紛失してしまうと葬儀や納骨ができない重要書類ですから、扱いには十分注意しましょう。遺影など、葬儀に必要な持ち物と常に一緒にしておけば安心です。

スポンサードリンク

初めてのお葬式・お役立ちコラム

身内が亡くなったら

身内が亡くなったらやること

大事な人を失ったときには、誰でも辛く、頭が真っ白になってしまうものです。しかし、やるべきことはたくさんあります。身内の臨終後、すぐに必要なことをシンプルにまとめました。身内が亡くなったらやることの詳細をもっと読む

葬儀に必要な書類

葬儀に必要な書類

亡くなったらまず発行されるものとして、死亡診断書または死体検案書があります。故人をどこかに移動させるときや市役所に死亡の届出をするときに必要な書類で、いずれかがなければ葬儀を滞りなく終えることができません。葬儀に必要な書類の詳細をもっと読む

お葬式費用の相場と違い

お葬式費用の相場と違い

日本消費者協会の調査「第10回葬儀についてのアンケート調査(2014年)」によると、お寺へのお布施を除いた葬儀費用の平均額は約156万円です。ただしこれはあくまで平均であり、お葬式の規模によって費用の相場は大きく違います。一般葬・家族葬・直葬について、相場費用をまとめました。お葬式費用の相場と違いの詳細をもっと読む

病院から危篤を告げられた

病院から危篤を告げられた

入院している本人が危篤状態になったと医師に告げられた時、あなたは冷静に対応することができますか?対応する術を知らないままだと、『最期に本人の会いたい人に合わせられなかった』、『本人の関係者への連絡が大幅に遅れた』といった残念な結果を招くことになります。病院から危篤を告げられたの詳細をもっと読む

お葬式の準備

お葬式の準備

通夜は、近親者が故人をそばで見守り夜を過ごす儀式です。 故人の冥福を祈るために、最期の別れを告げる大切な時間となります。そんな通夜ですが、具体的にどんな準備をすればいいか知らない人は多いのではないでしょうか。 知らなないまま遺族や親族がなくなってしまうと、準備するべきことが分からず戸惑ってしまうこともあるでしょう。お葬式の準備の詳細をもっと読む

死亡後の手続き

死亡後の手続き

近親者が亡くなった場合、通夜や葬儀の準備とともに、死亡に伴ういくつかの手続きも必要になります。 その多くは市区町村の役所で行うもので、中には7日以内といった期限付きのものもあります。 手続きが必要な種類を事前に知っておくことで、いざ自分が手続きをしなければならなくなった時に焦らず対応することができます。 死亡後の手続きの詳細をもっと読む

遺体の搬送・安置

遺体の搬送・安置

亡くなった本人の遺体を搬送・安置する上では、迅速な行動と冷静な判断力が必要になります。ただ、『搬送前には医師から死亡診断書をもらわなければならない』など、いくつか知っておくべきルールもあります。遺体の搬送・安置の詳細をもっと読む

葬儀と告別式の違い

葬儀と告別式の違い

葬儀と告別式は、故人が安らかに眠れるように行う大切な儀式です。それぞれの意味や違いをしっかりと理解した上で進めることは、最低限の『故人への礼儀』でもあるのです。 さて、ここでは、『葬儀』と『告別式』の違いについて分かりやすく解説します。葬儀と告別式の違いの詳細をもっと読む

葬儀プラン

家族葬

家族葬

通夜・告別式をご家族、親しい方で密葬で執り行うお葬式プランです。

一日葬

一日葬

最低限の葬儀・葬式。告別式から火葬までを1日で執り行うお葬式プランです。

火葬式

火葬式

葬儀費用を抑えたお通夜・告別式を行わず、火葬のみを執り行うお葬式プランです。

スポンサードリンク

人気記事

↑ PAGE TOP