50代からの終活

家族葬 蓮(れん)

50代からの終活

50代からの終活 画像

終活を始める適齢期はあるのでしょうか? いつから始めるのがいいのでしょうか? というような疑問を持たれる人も多いかと思います。しかし、その答えはありません。なぜなら、人によって家族構成も違うし、ライフスタイルも異なるからです。では50代の終活はどうなのでしょうか。

スポンサードリンク

50代終活の背景

50代は多くの人にとって、人生のターニングポイントを向かる準備期間になります。社会的な責任感が最も高まる時期である一方、会社では50代半ばに役職定年制を導入しているケースも多くあります。非常に複雑な時期にあるといえます。定年後の再雇用や別会社で第二の人生をリスタートするなど、その準備をする年代です。 子どもがいる人なら、社会人となって独立していることも多いかと思います。子育てが終わり、大抵の場合は子どもへのまとまった出費がひと段落する時期ではないでしょうか。第二子や第三子がいても、出費の見通しがほぼ決まっているかと思います。 厚生労働省が発表した2016年の日本人の平均寿命は女性87.14歳、男性80.98歳です。それを考えると、50代で終活は早いような気もしますが、そうでもありません。子どもから手が離れる分、終活もスムーズにいく場合が多いのです。

50代終活で、できること

50代で終活するといっても、あまり気合を入れて行う必要はありません。一番大切なのは無理をせず、マイペースで継続的に終活をすることです。休日や仕事の合間に、後片付けや家財整理も兼ねて行うと、非常に効率的です。 「生前整理」という言葉を最近、耳にしませんか。その名の通り、生きているうちに身の回りを整理整頓しておくことです。2015年の国勢調査では、65歳以上の高齢者の単身世帯が全体の約11%です。家族と同居していても、いつかは1人になります。体力のある50代のうちに、生前整理をすることが賢明です。 資産・負債の管理も必要です。50代のうちに資産と負債の「貸借対照表」のような内訳をエンディングノートにメモしておきましょう。資産でやっかいなのが、不動産です。簡単に分割協議ができないので、相続人が複数いる場合、売却して金銭分割するなど処理の方法を話し合っておくと、スムーズです。

スポンサードリンク

終活について

終活とは

終活とは

終活という言葉が、今ではすっかり定着しています。現代のさまざまな背景が要因となって、終活が定義づけられました。一方で終活では何をしたらいいのか、という疑問を持つ人もいます。そこで、終活の背景とやるべきことを5つ挙げて説明します。終活とはの詳細をもっと読む

30代の終活・生前整理

30代の終活・生前整理

30代で行う終活は、あまりピンときませんよね。仕事では役職に就くような世代で、気力・体力とも充実しています。一見して、とても終活には無縁のような気がします。その一方で30代の約半数は未婚という調査結果があります。万が一に備え、身近に親族がいなければ、終活を考える必要性が出てきます。30代の終活・生前整理の詳細をもっと読む

独身40代の終活

独身40代の終活

意外に思われる人も多いでしょう。人生で最も精力的な世代で、仕事に家庭に大きな責任感があります。40代の終活が決して早すぎる、ということはありません。終活を通して、身の回りの整理する術(すべ)を身につけ、金銭や物事をきちんと管理する力を養えるなど、日常生活とリンクしている部分も多いからです。独身40代の終活の詳細をもっと読む

50代からの終活

50代からの終活

終活を始める適齢期はあるのでしょうか? いつから始めるのがいいのでしょうか? というような疑問を持たれる人も多いかと思います。しかし、その答えはありません。なぜなら、人によって家族構成も違うし、ライフスタイルも異なるからです。では50代の終活はどうなのでしょうか。50代からの終活の詳細をもっと読む

スポンサードリンク

↑ PAGE TOP