家族葬の親族の範囲

家族葬 蓮(れん)

家族葬の親族の範囲

家族葬の親族の範囲 画像

家族葬をするにあたって、まず悩んでしまうのが「どこまでの親族を呼ぶか」ではないでしょうか。

スポンサードリンク

故人の配偶者とご家族、ご両親、跡取りとなる子供の配偶者とご家族、故人のご兄弟、故人の配偶者のご両親

一般的にはこの範囲までが家族葬でお呼びする親族の範囲となりますが、故人の遺志や付き合いの深さによって、親しいご友人に参列していただいてもかまいません。

家族葬は定義があいまいで決まった形がありません。

そのため、どこまでの親族を呼ばなくてはいけないかという決まりはありません。

しかし大事なのは、しっかりと参列していただく方の範囲を喪主側が決めておくことです。
範囲をあやふやなままにしておくと親族間でのトラブルに繋がることがあるので、参列されない親族の方やご近所の方には家族のみでの葬儀という旨をはっきりと伝え、お香典も辞退することを伝えておく必要があります。

参列していただかないからといって、葬儀のご報告を怠ってしまうと、「呼ばれていない」と不安に思う方が出てきたりする場合もあります。

事前に家族葬であることの了解を得ることでトラブルの回避ができます。

スポンサードリンク

家族葬について

家族葬とは

家族葬とは

悲しい別れは突然訪れるものです。大切なご家族が亡くなられて、悲しみの淵にいるときでも考えなくてはならない葬儀のこと。当然事前に準備ができるわけでもなく、そう何度も経験のあることではないので、残されたご家族がどうしたらよいか途方に暮れてしまう事も少なくありません。家族葬とはの詳細をもっと読む

家族葬の範囲

家族葬の範囲

家族葬をするにあたって、まず悩んでしまうのが「どこまでの親族を呼ぶか」ではないでしょうかr。故人の配偶者とご家族、ご両親、跡取りとなる子供の配偶者とご家族、故人のご兄弟、故人の配偶者のご両親。一般的にはこの範囲までが家族葬でお呼びする親族の範囲となりますが、故人の遺志や付き合いの深さによって、親しいご友人に参列していただいてもかまいません。家族葬の範囲の詳細をもっと読む

家族葬の注意点

家族葬の注意点

メリットが多く、沢山の方に選ばれている家族葬ですが、決まった形がないために様々なトラブルを引き起こしてしまうこともあります。そうならないために、家族葬の葬儀で気をつけておきたいポイントをしっかり抑えておきましょう。家族葬の注意点の詳細をもっと読む

家族葬の費用

家族葬の費用

大切なご家族との急なお別れで悲しみの淵にいるときでも、急いでしなければならないお葬式の準備。お葬式自体そう何度も参列することもなく、喪主家として葬儀を執り行うのもなかなか機会があるものではありませんし、何をどうすればよいか分からず困ってしまいます。近年では、喪主家の精神的、体力的な負担を軽減することができると、葬儀を執り行う約半数の方が家族葬を選んでいます。家族葬の費用の詳細をもっと読む

家族葬の流れ

家族葬の流れ

経済的な負担を抑えられる家族葬を選ぶ方が多くなっている今、各葬儀社や斎場が様々な家族葬のプランを提案しています。しかし間違った依頼の仕方をすると、後から思わぬ費用がかかってしまう場合があります。家族葬での費用を抑えるには、ご自身の希望に沿ったプランを提供している葬儀社を選ぶことがまず大切です。家族葬の流れの詳細をもっと読む

家族葬の香典

家族葬の香典

葬儀に参列するのはそう何度もあることではないので疎かになりがちですが、身内が多く集まって執り行われる家族葬はマナーを怠ってしまうと厳しく指摘されたり、その後の関係性に響いてしまう可能性もあります。近親者の多い家族葬だからこそ、しっかりと葬儀のマナーを知っておく必要があります。家族葬の香典の詳細をもっと読む

スポンサードリンク

↑ PAGE TOP